Blender Single Line Skill

ウェイト系

・Blenderのウェイトペイントは最後に正規化を適用すること
・自動ペイントで生成された頂点グループでいらないウェイトの頂点が設定されている頂点を選択し、消したい頂点グループを頂点グループ覧から選択、下の削除を押すことで消すことができる。

操作系

・G+XX、G+YY、G+ZZ R+XX…などでローカル軸にアクセスできる。ボーンのローカル軸をちゃんと修正しておくと後で楽チン。
・Shift+F、でFPS視点ができる。Gを押すと重力がかかり当たり判定も発生する。人の目線で町を歩いてみるといい。
・Ctrl+Alt+Num0、で今見ている視点をカメラから見た視点にする。
・Shift+H、で選択したもの意外消す。
・テンキー「.」で選択している物の周りをグルグル見れる。
・Ctrl+Num0でカメラが複数ある場合に選択しているほうに権限を移す事ができる。
・3Dカーソル固定方法:ユーザープロパティのInput→3DView→Set3DCursorのチェックはずす→保存。
・Shift+Cでどっかに行ったカーソルを中心に戻す
・TとNで隠れたTabを表示する(ド忘れ激しい)
・スペースキーで検索→Knife Projectと入力 ナイフ投映ができる。
・Shift+IでIkを選択して設定できる
・Alt+Rで今の視点で90°回転しながらメッシュを張ってくれる
・オブジェクトを指定する時(例)IKならターゲットなどを指定するときにEキーをターゲットの枠に合わせて押すとスポイトモードになりオブジェクトをクリックすると選択される。

データ系

・不要なデータブロックの「×」のところでShift押しながらマウスクリックで消すと0がついてOK
・デフューズの色等の所でCtrl+Cで色コピー、テクスチャや新しいマテリアルの色の所でCtrl+Vで張る。
・ウェイト塗でピンクができたら内部エラーでウェイト値に文字が入っている0にして塗り直し
・どうしても削除できないアニメがある場合はNLAエディタを起動してアニメーションを検索して削除する。その後ドープシートで「×」のところでShift押しながらマウスクリックで消すと0がついてOK

エクスポート系

・BlenderからUnityにFBXでエクスポートときはスケール値100倍でBlenderとだいたい同じ(Unity4時点)
・UnityでFBXExportは-Zが前、Yが上が良い。

モデファイヤ系

・BlenderでIkを設定するときコントロールするボーンとターゲットにするボーンは親子関係を消さないとヤバイ
・Edge Crease [Shift]+[E] これでモデファイヤーを描けながらエッジをシャープにできるそれ以外は辺選択のシャープでOK
・コンストレイントコピーはモデファイヤーがアタッチされていない方から選択、モデがない方へコピーするもの。

モデリング系

・モデリングするときTで出したビューのレンズを85cm?ぐらいにすると平行投映ぐらいの画角でモデリングできる。
・ボーンは3Dカーソルを原点へ持っていきカーソル基準で反転コピーして名前LR反転する方が圧倒的に早い。
・ボーンの数は54の倍数で収めると良い162以上は重くなるが倍数であれば良い。
・UnityではY軸は上、Z軸が前、X軸が横(右)BlenderではZ軸が上、Y軸が前、X軸が横

アニメーション系

・アニメーションのキーフレームを最適化するためにはキーの項目からキーフレームの掃除を選択すると変化していないキーフレームがすべて消える。

その他

・転写先のノーマルに自動スムースをチェック。
Shift+Ctrl+Tでデータ転送のメニュー→カスタム法線。

・MatCapの表示はマテリアルをソリッドモードにすると出る。

コメントを残す