漫画本紹介:転生したらスライムだった件

転生したらスライムだった件を紹介。

こちらの作品。言わずもがな、なろう系で名作の漫画です。
三上 悟が通り魔に刺されて異世界でスライム転生するといった物語。

転生物の先駆けです。
そして、今なお、なろうで上位ランキングに食い込んでいる物語。
確実に、殿堂入りしてますね。

読みどころは、全て。

作者の頭の良さ、展開のまとめ。全てにおいて群を抜いています。
唯一、読みづらいと思わされたところは、中二的書き方をしているので
難しい漢字を当て字で読んでいる所。

慣れてしまえばこちらの物ですが、しかし、なれるまでが長い。
私も年を取ったなと思い知らされます。

彼……いや彼女は物語の序盤は異世界生活をエンジョイするかの様に
たのしんで暮らします。しかし、後半と言えば彼女は魔王になるのです。

なぜ、魔王になったのか。それは物語を見てからのお楽しみ。
小説もあるので気になる人は見てみれば解ると思います。

ゴブリンに親しみを覚える

ゴブリンスレイヤーが来てほしくない世界線です。
ここのゴブリンたちはみなリムルを慕っていて従順。

そして、かわいい奴。
どこか、あほっぽい奴まで。

コブタというゴブリン。侮れませんよ?
今後の活躍を楽しみにしていてください。

 

アニメ化もしている。

悟はリムルというスライムに転生したのですが、
本当に中身は男か?めちゃくちゃかわいいんですが。

 

サムネイル出典:転生したらスライムだった件
川上泰樹 (著), 伏瀬 (著), みっつばー (その他)