日記:ブログが生きていた頃よりお伝えしていた事を再報告します。

2019年3月11日

アフリエイトやります。

え、もうやってるじゃん。
いやー確かに、Amazonアフリエイトはもうやってるんですけど。
もっと稼ぎたいなと思いまして。
というのも、せめてサーバー代ぐらいは稼ぎたいなーって思いまして。

はい、色々やっていきたいと思います。

で、今回はアフリエイトやんの?
お前のブログ読むのやめるわ。
と思った人も少なからずいるでしょう。

なんでこんなにアフリエイトが嫌われているのか?
タダの広告代理業なのに、嫌われすぎだろと。
私自身が疑問に思ったので当時を思い出して書いてみました。

 

そもそも、アフリエイトが嫌われる理由。

なんで、アフリエイトが嫌われるか。
皆さんは真剣に考えたことはあるでしょうか?

実は、これにはアフリエイターの間抜けな歴史があるからです。

むかーしむかし、アフリエイトで稼いで食っていくぞ!
と考えた人がいました。そしてそれは沢山いました。

で、賢い人が考えました。
商品を紹介したページを1ページ作ってそれを量産すれば
沢山グーグルに乗って利益爆上がりじゃん!

そしてそれは、うまくいきました。
少し前の有名なアフリエイターたちがそれです。

 

何も問題なさそうに見えるけど?

超、問題が出てきます。
当然、上位はしっかりとしたペラページで埋められていて、
後続組が1ページ目にあげてもらえない。

で、後から来たずる賢い人が考えた必殺技。
ブラックSEO。

SEOというのは検索しやすいようにする小技ですね。
それのブラック版。

実は私、丁度そのSEOにうざいと思っていた直撃世代。

要は関係ないページでも調べられている単語をとにかく並べて
調べやすくする方法。

はい。これが問題になったのでした。

 

意味が解らない人のために例を出します。

あなたは、リンゴと調べたいとします。
で、アフリサイトが引っかかるようにアフリエイターは調整します。
でも、その方法が当時はとてもひどかったのです。

主観ですが、普通のSEOとブラックSEOの違いを書きます。

SEO

青森のリンゴは甘くておいしいです。アップルパイにすると
酸味が効いていて非常にマッチします。
生産者は○○農園で無農薬のリンゴです。
ぜひ買ってみてくださいね!

ブラックSEO

リンゴを食べたら体重がリンゴしました、リンゴは天からの
テンプラリンゴリンゴジュースリンゴンゴン。
リンゴとはハトがマメリンゴ

 

いかがでしょう。ブラックはとにかく自動生成で作られていることが多く
このように支離滅裂な物も確かにあったのです。

そして、検索に引っかかるように、
とにかく単語を並べ立てた方が検索上位に上がる時期があったのです。
かくしてグーグル検索暗黒時代が訪れました。

ほんとに、邪魔だった……プログラムで調べものしても全然情報出てこなくて
英語で調べる始末。これだから(ぶつくさ)と文句を言っていた記憶があります。

 

グーグル検索暗黒時代。

先の理由から、同じ情報が常に上位に表示され続けるという状態が続きます。

  • あ、この情報、さっき見た。
  • ん?同じ情報が出ててくるな?
  • というか、中身が無いページ多すぎ。
  • しかも、このページに至っては中身ないじゃん。

という事が頻出しました。
そこでグーグルが手を打ちます。

パンダアップデートとペンギンアップデート

こいつらが世に放たれます。マジで救世主。
でも、このアップデートのお話は
沢山の人がしていますからしません。

それで、ここまで書いてわかったと思います。
嫌われている理由です。

 

嫌われている理由は?

アフリエイトが嫌われている理由。
それは、ずる賢い先駆者たちの負の遺産。

はい、これに尽きます。

現在は、色々な方法で対策を取られていたり、
できないから大人しくしているといった状態ですが、
そういう事が少なくなってきました。

つまり、徐々に普通の広告代理業として変わってきました。
今後もどんどん、まともになっていくと思います。

 

ということで、悪い物ではない。

広告代理業ですので、悪い物ではないのです。
なので、私もアフリをやります。

サーバー代ぐらい稼がせてください!
いえ、勝手にやりますー!w