ゲーム開発日記-03:敵を出現させてみた。

2019年3月13日

敵を出現させるようにした。

一定時間でどんどん敵が出てくるように。
いい感じです。これで雑魚敵はほぼ大丈夫。

ここを作り終えたら、背景をループさせます。
そして、それが終わればいよいよボス戦づくりです。

それが一番しんどい所ですが楽しみです。

 

テーマを考えました。

テーマ、と言いますか。
私が学生時代に作ったシューティングがあるのですが

今回はそれを再現+ブラッシュアップしていこうと思います。
その時のテーマというか題材ですが

マッドな博士が居て、その博士がロボットを作り出します。
そして、そのロボットたちは人の心を持っていました。

ロボットたちは人と言うものに興味を持ちます。
そして計画を企てました。
博士の体を一部づつ奪って自分の体に換装。
人としての一部を手に入れて人を理解しようとしたのです。

しかし、博士にしてみればタダの被害。
一夜にして博士はロボットになってしまいます。
自分の体を取り戻す戦いが始まります。

と文章で書けばかなりマッドな感じですが、
ギャグ成分多めで作っていきたいと思ってますので

出来上がりを楽しみにしてください。

 

キャラクターも、そのうちに作っていきます。
今は、ある素材でどんどんシステムを作りこんでいきますよ。

 

とりあえず3面まで作り上げます。

某和風弾幕シューティングの体験版の様に、リスペクトして
3面までのシューティング体験版を作成しようと考えています。

出来上がったら私のページのゲームページで遊べるようにします。