漫画本紹介:世話やきキツネの仙狐さん

2019年3月17日

世話やきキツネの仙狐さんを紹介

このお話は、今の現代社会。働くだけ働いて、死にそうになるほど働いて
ああ、もうだめかもと思った社会人、中野の所に狐娘が現れて
思う存分甘えさせてくれるそういったお話です。

いいなぁ!家にも来てくれ!

そう思わずを得ないほどの狐さん。有能でカワイイ。


PVが出ているように、なんとアニメ化もされるようです。
しかもほぼ原作と同じ絵柄で、気合が入っているのが伺えます。

というかいちいち行動がかわいい。
尻尾もモフモフですごく羨ましいです。

中野、そこの位置ください。

 

見どころはモフモフとギャグ!

耳をモフモフしたり、尻尾をモフモフしたり……
まって、うらやましい。

でも耳の穴に、ズボりと指が入ってしまい、
グニャーッ!と叫ぶシーンとか?
フフッっと笑ってしまう事間違いなしです。

4月から放送開始とのことですが、まってられない。
単行本も4巻まで出ておりますので、買って読んでみてください。

 

ママみがある。

世間ではバブみでしたっけ?
なんというかロリババアという感じ。

いや、ロリおばあちゃん。
すごく落ち着いていて、時々おばあちゃんのような雰囲気を
醸し出しており、それでいてなおロリボディ。

なんだろう。落ち着く。
ああ、これがバブみという奴か。
そう理解できる本でした。

面白いので、ぜひ読んでみてください!

 

サムネイルはPVから引用

引用「http://hakumiko.com/chara01.html
原作「リムコロ様」