vrchatで遊ぼう!

2019年5月6日

VRはいいぞ。

ええ、まあVRChatです。
そう、巷で噂の奴。

なんと私このゲーム(?)で遊んでから
滅茶苦茶お時間が経ちました。

モデルを作って自分でアップロードできる
というのがもう楽しくて仕方がないのです。

私、3Dを結構作ってますから、
いずれは3Dを仕事にしたいなぁなんて思っていたり。

という事でそんな仕事を探したり
自分で3D作ってアップロードして遊んでいる内
結構更新がおろそかになっておりました。

誠に申し訳……なくないかぁ。
趣味のブログだし。(開き直り)

継続するってのはある程度傲慢じゃないと無理なんですね。
でも今日からまたしばらく更新しようと思います。

十二分に英気を養ったので!やりますよーい!

で、何の話でしたっけ。
……あ、そうそうVRChatね。

※必ず最後の注訳を読むこと。

VRChatはいいぞ。

はい、VRChat。何が良いかを語るのが非常に難しいです。
でもすごくいいもの……良い世界なのです。

VRChat、それはクリエイターにとっての理想郷でした。
皆が皆作りたいものを表現して発表するそんな素晴らしい場所。

決して二次創作等に負けることのない、その場所が好きになりました。
(注:決して二次創作を嫌いと言ってるわけではないです。)

……どうも熱い気持ちを語るだけになるので、
しっかり箇条書きで書きましょう。

  • 一次創作の宝庫。
  • 新しい人生を歩める。
  • ゲームの中へ入れる。

です。

は?新しい人生?ゲームの中に入れる?これが今流行りのゲーム脳?
と思った人。いいえ違います。

 

VRになった時の感覚を教えましょう。

実際入ってみないとわからない感覚というのを十も承知であえて言うのですが、
VRモードでVRChatへと入るとどういう感覚になるかというと。

まず、体がアバターに引っ張られます。

これ、普通に考えると怖い事なんですが、意外と心地よい。
女性のアバターを使うと女の人になった気分を味わえます。

  • 胸が他の人より大きいと愉悦。逆だとなんか悔しい。
  • スカート等を穿いていると下から除かれる時にめっちゃ恥ずかしい。
  • 子供のようなアバターを使っている人に母性本能が働く。

とまあ、VR適正が高い人だと簡単に性別がひっくり返ります。
ちなみに私は高い方らしく、VRの匂いを感じられました。

アバターの匂い(そもそも存在しないはず。)が食べ物や物の匂いへと
変換されて伝わってくるのでした。

これは共感覚(シナスタジア)という現象のようですね。
私は視覚と匂いがリンクしているようです。

私が聞いた話だと、ケモミミアバターを使っている人が
ケモミミにズボッっとされると気持ちが良い、気持ちが悪いという人もしばしば。
明らか耳の位置が違うのに。そう、感覚がアバターに引っ張られます。

で、適性の話をしましたがここまで言えばわかるでしょう。
新しい人生としか言えないのでした。

 

一次創作の宝庫。

これにハマりました。
私が作ったキャラクター達がアバターになって動いてくれるのです。
しかも目の前で。ハマらない訳がないんですよ。
まさに、ゲームの中に入り込める時代が来たのでした。

 

ほいじゃあ、VRChatってVRでしか楽しめないの?

答えはいいえ。楽しめる。デスクトップモードもあるよ。
私は作業するためにデスクトップモードで入ることが多いよ。

 

しかし!

 

明らかにVRの方が楽しい。もう天と地の差。
例えるなら、そう!臨場感の違い。

どういう事よ?動画と同じじゃね?って思う人に言うのですが、
まあ簡単に言うと。

あなたが先生に怒られることをしました。
そして、あなたは次の瞬間、次の方法で怒られます。

  1. テキストで怒られる。
  2. 音声だけで怒られる
  3. 動画で怒られる
  4. ホログラムが目の前に出現して殴りかかるモーションと共に怒られる。

1は言わずもがな怖くありませんね?
2は、まあ怖いでしょうが所詮は音声。映像が無いので怖くありません。
3になって来るとさすがにしんどい。怒られてる感覚がありますね。

では、4は?

目の前で怒られてる感覚そのままです。
というか実際に怒られてます。

しかも殴ってくるモーション付きとか怖くね?

臨場感で言えば本当にそれぐらい違います。
ですが、そんな恐ろしいコンテンツなんてないですけどねw

ということでVR機器を買って遊んでください!
なんならデスクトップモードでお試しをしてください。

これは触れてみないとわからないものです。
いくら私が熱く語っても伝わることがないのですが、
それでも書こうと決心着いたので書きました。

やってみたいと思った方は是非遊んでみてね。
日本人が多いワールドとかもたくさん情報が他のサイトに
乗っているので調べてみてね。

じゃあ!更新頑張るよ!

 

※この記事で書かれている事は、性転換やそう言ったことを推奨する内容ではございません。
※VR適正が無いと普通に遊ぶだけですが、それでも楽しすぎるぐらいです。
※交流が苦手な方は、もしかしたら楽しめないことが多いです。
※てんかん等病気の方はVRの利用を控えてください。

※この記事で書いた事を読んで(VR機材を買ったけど楽しくなかった)や、
(遊んだことによる損害、被害、健康被害、性別な問題。について)発生した、
いかなる問題も筆者は責任を負いません。自己責任にてVRで楽しく遊びましょう。