Noteを始めてみました。

2019年5月6日

実はこっそりNoteを始めてみました。

はい、実はNoteを始めてみました。
まあ、ド直球に言うとお金が欲しいからなんですが!

アフリは?あきらめたの?と、尋ねられそうな物ですが、
始めた理由はブログを収益化したいなんて考えた矢先の
データ紛失で心が折れたのでというのが理由です。
あきらめてはいませんが休憩といった形ですね。

で、まあ書いてみたはいいのですが、これがなかなか楽しい。
収益化以前にちょっと楽しくなってきたので共有したいなと思い書きました。
Noteのすごい所を紹介いたしますので、やってみたいと思った人はどうぞ。

自分のコンテンツを作り、世に出せる。

Noteを始めると、今日からあなたもクリエイターの仲間入り!
あなたの書いたものが作品として世に出回ります。
苦労して書いた記事や教本が外に出ていくのは思いのほか楽しいですよ。

でも何かいていいかわからないという人もいるでしょう。
私は小説を書いて出してみてます。(別アカウントですが)

そう、小説。なろうで連載中だけどまた別の小説書いてます。
で、まあいいねをポチポチもらえる訳です。

 

モチベーションがあがる。

小説を出してみて一番最初のいいねが付く速度が速いと感じました!
なろうなんて目じゃないです。きちんとしたのを書いて
出していけばそのまま小説家になれるんじゃないかってレベルでした。

まあ、つまり……なろうで伸びなくても色々なところに出して
評価を得て、なろうに連れてくればいいんですよ。

そうすれば小説家にもなれる……と思います。
私はなりたい。

そう簡単に思う程度にモチベーションが上がりやすいです。

メディアの露出先が増える。

メディアの露出場所が増えるという点もあるので
ぜひ元からクリエイターの方も使うべきだと思います。

なろうだけで小説を書くのとなろうとyoutubeとNote,Twitterと
使った方が明らかに有名になる速度が違ってくると思いませんか?

宣伝と言うものは大事な事なのです。
クリエイターさんは是非活用してみてください。

 

有料コンテンツも出せる。

なんとNoteは自分で作った記事に金額を設定できます。
ようは自分だけしかしらないHowToだったり、新情報だったり。
新聞やニュースと同じことができます。

また、あなたにファンがいるのであればただの日記でも
買ってくれる人もいるでしょう。

最初はもちろん難しいですが、そういう風に商売をすることも可能です。

 

まとめ

ってことで、Noteについてまとめました。
実際に使ってみて思ったことは、なんでもっと早く使わなかったんだ。
と思ったことですね。新しいものは少し置いてから使う派ですので……
いやー今度からは突っ込んでいかないとね。

Noteはいいぞ!それではー!