FINAL FANTASY XIV: SHADOWBRINGERS のトレイラー考察!

昨日SHADOWBRINGERS のトレイラーが出ました!

Launch Trailer出てましたー!

やっばいカッコイイ。


「出典:スクエアエニックス:https://www.youtube.com/watch?v=_t_TxfmouCI」

見てください。このまさにゲームの終わりを感じさせるトレイラーを。
いやーヤバイ。鳥肌がヤバイ。

ということで今回はこのトレイラーを見て考察していきたいと思います!

 

光の戦士が光の魔物を倒せる理由についての考察

”トレイラーでは光の反乱に飲み込まれた誰かさん”とセリフが流れてきます。
なるほど、光に飲み込まれると大方、罪喰いになってしまうという話でしょうね。

しかし、なぜ、罪喰いになってしまうのか。
人間の体は光と影。両方でできているという事なのでしょうか。
またまた、FFの深い考察が必要になってきますね。

 

では、ここで考察をしていきます。

私は単純に考えてエーテルの侵食により、人が罪喰いになる説を推します。

光の戦士と言われる主人公でさえ、体内に暗黒を抱えているからです。
その理由は暗黒騎士のクエストを受けてみると良いでしょう。
光の戦士も大変だという事が解ります。

そこの話は長くなるので置いときますが、
ともかくヒカセンでさえ暗黒を体に有している。
ということは、一般の人もそうという事に他なりません。

FF14世界の人間は光と闇のエーテルを抱えている。
という事になります。

ですので、罪喰いに光で侵食されると光の者となり、
仮に闇の力で侵食されると闇の者になるのではないかと思います。

では、ここで疑問が出てきます。
人間はみな両方のエーテルを持っているとすると、
罪喰いを倒せるのでは?そういう話になります。

ですがそれは無理なのです。

 

闇の力が足りない。

闇の力が足りない。
実はこれに尽きると思います。

光の戦士の闇力は今まで世界を救ってきた分の代価と言わんばかりに
その身に宿されております。ですから罪喰いを倒せる。

だから一般人は罪喰いを打ち滅ぼせない。
ハイセンはいける。
と考えました。

 

国のトップがやっぱり腐ってる。

さらに付け加えると、こいつらです。


「トレーラーより引用:https://www.youtube.com/watch?v=_t_TxfmouCI」

勝手な予測ですが、十中八九このデブは国のトップでしょう。
こういう奴らが世界を牛耳っているという事です。
イシュガルドのトップが腐ってるやつと同じ……
またはアシエンが関与していなくても腐っていると推察されます。

こういう奴らに一般の人が立ち向かえないというのは仕方がない無い事です。

と、光の戦士が光の魔物を倒せる理由についての考察でした。
では次に、飛んで行った世界はどこ?という考察へと進みます。

 

で、結局光の氾濫が起きた世界に飛んでるけど第何世界?


「トレーラーより引用:https://www.youtube.com/watch?v=_t_TxfmouCI」

はい、トレイラーでどう見てもヤミセンいますね。
第一世界で間違いないでしょう。

共闘展開とかあるんでしょうか。
楽しみですね!!

でもなぜ、第一世界に呼び出されたのか。
普通だったらまだまだ世界があるのに、
よく、ヒカセンがいる世界を見つけたと思いませんか?

………

……

そうです。クリスタルタワーです。
クリスタルタワーがある世界。それを見つけ出して
世界を見つけることができたと考えることができませんか?

 

トレイラーの最後に驚愕の事実が。

ハイデリンとゾディアーク。

まあ、なんというかやっぱりというか。

蛮神でした。

はっはっはwまさかの展開来ましたねw
とはいえ、ハイデリンが蛮神という展開は予測できていました。

何故光の戦士がテンパード化されていないのかはわかりませんが
よく考えればアイツもクリスタルなんですよね……

もしかして引っ張って来るかもとは考えていましたが、
まじかよと。
影で予測していたことが当たると心地よいですね。

じゃあ、これも予想しましょう。

光の世界(第一世界)の守護者はゾディアーク。
そう考えることができませんか?

もしかしたらそういう展開が来るかもですね。
ハイデリンが第一世界にめぐり合わせたのは
何かのブラフで……そう、ゾディアークを引っ張り出すための罠。

光の氾濫のせいで光の守護が手を出せないなんて話が
そもそもおかしいんですよね。

たぶん、そういうことなんじゃないかと今から楽しみにしておきます。

それでは!楽しみに待ってましょうか!

記載されている会社名・製品名・システム名などは、各社の商標、または登録商標です。
Copyright (C) 2010 – 2019 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.